最終更新日:2015年10月21日

医療脱毛とは?脱毛サロンと何が違うのか知りたい!

医療脱毛とは
脱毛にも、色々な種類があります。

ここで説明するのは、その中でも、医療脱毛と呼ばれるものです。

クリニックや脱毛サロンなど、専用施設が多くありますが、医療脱毛はどこで受けられるのか、それはどのような仕組みなのか、まとめていきたいと思います。

脱毛なんてどこでも同じでしょ・・・という人には、ぜひ参考にしてもらいたいと思います!

医療脱毛とは?

094d7abbd65c258ff65ef6c1f74c6298_s

脱毛自体は、クリニックだけでなく、脱毛サロンなどでも受けることができます。

レーザーや光、ワックスなど、結果的には同じ脱毛、のように見えても、その方法や効果、もちろん料金が異なりますので、事前にしっかり調べておきたいものです。

医療脱毛は、その名の通り、医療施設で行われる脱毛のことです。

その方法は、今では医療レーザー脱毛が主流となっていますが、元祖永久脱毛の、絶縁針を利用した針脱毛を行なっているところもあります。

医療施設ですので、ちゃんと医師が常駐しています。

このため、脱毛を受ける前の、肌状態を診断することはもちろん、万が一のトラブルの際にも、すぐに診察を受けることができます。この安心感が、医療脱毛の最大のポイントともいえるでしょう。

美容施術のひとつとして考えられてしまいがちですが、正確には、脱毛は医療行為なのです。

肌にレーザーや針で刺激を与え、毛穴の中の毛母細胞を破壊することで、永久にムダ毛が生えない状態にしていくのが、本当の意味での脱毛。

こうした行為ができるのは、医療施設のみと法で定められています。レーザーのパワーや針の種類も、クリニックだから使用できるレベルのものです。

脱毛サロンなどで行なわれる「脱毛方法」とは、根本的に異なります。

また、施術を行なってくれるのも、医師か看護師さんといった、きちんと資格のある、医療のプロが施術してくれます。最新の脱毛機に合わせた研修なども、定期的に受けているので、テクニックだけでなく知識も、もちろん安心です。

脱毛サロンとのちがいは?

00ad9307c090bf813120cfa16945c360_s

レーザーはパワーが違うので、脱毛サロンでは永久脱毛ができないということは、今ではよく知られていますね。

医療レーザーでの永久脱毛とは?

医療レーザーは、ムダ毛を処理するというより、毛根内の毛母細胞を破壊して、毛が生えるという機能を壊してしまうほど、強いもの。1サイクル、5回程度の施術で、永久脱毛が完了します。

ただ、その照射パワーの強さから、医療レーザーの方が、サロンよりも痛みが強く感じられます。

これだけの医療行為をするわけですから、むしろ痛みが無い方が、不思議ともいえるでしょう。
クリニックでは、そうした痛みには、麻酔クリームや吸入式麻酔で対応してくれます。

さすが医療施設ですね。脱毛したいけど痛みで迷っている、という人は、クリニックの脱毛を選んで、あらかじめ麻酔をお願いするようにしましょう。

針脱毛とは?

針脱毛は、脱毛サロンでも、行われている脱毛方法です。痛いと評判の脱毛方法ですよね(笑)
レーザーと同じく、クリニックとサロンでは、使用できる針が異なります。

クリニックの針脱毛では、絶縁針を使用します。皮膚にあたるところが絶縁されているので、ヤケドの心配がありません。また、レーザー同様、これもパワーの強い針を使用するので、施術時間が短くてすみます。もちろん、痛みが気になれば麻酔をお願いすることもOK。

一方、脱毛サロンの針脱毛は、電気針を使用しています。
絶縁部がないため、色素沈着やヤケドの可能性が高まりますので、パワーを弱くして使用していきます。結果的に施術時間が長めになり、かといって痛み対策に、麻酔を使用することもできないので、肌にも気持ち的にも、結構負担がかかります

そもそも、針脱毛は施術内容が医療行為とされますので、脱毛サロンで行なわれるべきではないもの。脱毛診断士という資格がありますが、国家資格ではありません。

レーザーにせよ、針にせよ、根本的にムダ毛を無くすことができない施術ですので、脱毛サロンの脱毛は、制毛と言ったほうがよいかもしれません。

医療脱毛なら絶対安全?

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

残念ながら肌にレーザーを照射したり、針を刺して電気を流す以上、絶対安全だとは言い切れません。

脱毛は、肌への負担が大きいものであり、リスクが付きものである、ということを忘れずに。

脱毛におけるトラブル

施術直後に、患部が赤みを帯びたり、ぴりぴりする感覚が残ることはよくありますが、代表的な肌トラブルとしては、患部に細菌が入ることで、炎症を起こしてしまう毛嚢炎(もうのうえん)

これは、ヒゲ剃りでも起こりうる、ありがちなものですが、こじらせてしまうと、ニキビのように腫れてしまうので、早めのケアが大切です。

他にもレーザー照射のトラブルとして、増毛化・硬毛化も知られていますね。
これは、照射して脱毛したはずなのに、かえって毛が増えたり、濃くて硬い毛になったりするもの。原因は不明ですが、レーザーの副作用と考えられます。

トラブルばかりを並べましたが、もちろん、サロンでも起こりうるもの。
クリニックなら、万が一こうした状態になったとしても、医師がすぐに対応してくれますので治療もしてもらえますし、薬の処方もしてくれます。

脱毛した後も、安心していられることが、医療脱毛の強みともいえるでしょう。

医療脱毛の特徴わかっていただけましたか?

3a18949c3721bc0b5285b0badaf30067_s

やはり、施術レベルの高さだけでなく、医師の診断を受けることができる安心感がありますね。

脱毛は医療行為、ついつい忘れがちですが、大切なことです。

お肌を大切にしたいのであれば、クリニックでの医療脱毛にかなうものはありません。
永久脱毛ができるので、大切なお肌が、ムダ毛の生えないツル肌になっちゃいますね♪

キレイになりたい女子は、医療脱毛するしかないでしょ!