最終更新日:2015年11月19日

毛嚢炎とは?それ、ニキビじゃないんです・・・。

毛嚢炎

どうしても脱毛と肌トラブルは、切り離せないもの。

ただ、あらかじめきちんと知識を持っていれば、もしもの時にも慌てずに対応できます。

ここで取り上げるのは、よくある肌トラブルの代表格・毛嚢炎です。

「もうのうえん」、この名前からしても、何だか厄介そうですね。

どんな肌トラブルなのか、また対処法はどうすればよいのか、まとめてみました。

毛嚢炎の症状

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

脱毛の肌トラブルとしては、埋没毛と並んで、代表的なもの。

そもそも、どんなにキレイ好きな人のお肌であっても、それが無菌状態ということはありません。

肌表面に、それなりに雑菌があったとしても、毛穴のバリア機能などでバランスをとることができます。このバランスが崩れなければ、それほどのトラブルにまで発展することはありません。

けれど、脱毛の施術は、肌を守る役目を果たす毛を取り去り、さらに、肌表面を傷つけたり、毛穴を無理矢理開かせることにもなります。

健康な肌であれば、せいぜい赤みを帯びたり、熱を持ったりする程度で、すぐに元通りになります。ただ、ムダ毛が濃かったり、気になる部分があったりして、必要以上にカミソリで剃ったり、何度も毛抜きで抜いたりすると、毛穴に雑菌が入ってしまうことがあります。

最新機器を利用したレーザー脱毛でも、熱で殺菌された毛穴が、一旦バリア機能を失うことで、雑菌に入り込まれてしまうこともあります。

毛嚢炎は、そういった雑菌によって、肌が炎症を起こしたり、赤みが強くなったりする状態です。

場合によっては、赤いニキビのようにプツプツと湿疹ができることもあります。

かゆみを伴うことがよくあるので、ついつい引っかいてしまって、余計に症状を悪化させてしまう…というのが、毛嚢炎のよくある顛末です。

それほど重症化するものではありませんが、こじらせてしまうと、赤みが広がり、膿が溜まってしまうことも・・・ニキビと同じように、あまり悪化させてしまうと、肌に跡が残ってしまうこともあるので、注意が必要です。

毛嚢炎が現れやすい肌とは?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

どんな肌でも、毛嚢炎になる可能性はあります。
ただ、やはり脂分が多く、指で触れることが多いは、特に症状が出やすい部位です。

男性でも、ヒゲ剃り時に雑菌が入ってしまい、毛嚢炎になってしまうことがよくあります。
アゴ下や首にかけて、ちょっと剃りにくそうな部分が、よく赤いニキビのようになっている人がいますよね。

特にヒゲ剃りは毎日のことなので、一度炎症を起こしてしまうと、なかなか治りにくいのが厄介なところ。彼氏や旦那さんの、アゴ下、ちょっとチェックしてみてくださいね。

顔や首部分は、目立ちやすいだけに、赤いポツポツが出てしまうと、ちょっと気になっちゃいますよね。
そうなると、ついつい指でいじってしまうもの。寝ている間に、無意識に触っていることもあります。

こじらせる可能性も多い部位だけに、なるべく症状が出ないように、出てしまったら、早めに対処しておきましょう。

顔ほどではありませんが、ワキの下VIOラインも、汗腺があったり湿気が多く、雑菌が入りやすい場所です。

一般的には、太い毛の生えている場所は、毛穴に対しての脱毛ダメージが大きいため、毛嚢炎の可能性が高くなるようです。

ただ、背中のような、一見風通しが良さそうな場所でも、衣類との接触部分が広範囲なため、脱毛直後に汗をかいたままにすると、毛嚢炎になります。

つまり、身体のどこにでも、発症の可能性はあるというわけです。

ただ、特に注意が必要なのは、やはり顔とワキ。医療機関であるクリニックで脱毛した場合は、炎症止めのクリームなどをもらえますが、セルフ脱毛の場合は、とにかく患部を清潔に保つことを心掛けましょう。

毛嚢炎になってしまったら?

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

毛嚢炎の症状が出たとしても、だいたいは数日で赤みが引いていきます。

小さな赤いプツプツ程度で、そのまま治まることがほとんど。虫に刺されたと思って、かゆみ止めを塗っていたら、治ってしまったということもあるくらいです。

もしも、赤いプツプツが大きくなってきたり、全体的に腫れたような感じになってきたら、雑菌が繁殖している可能性が大です。
すぐに皮膚科を受診して、薬を処方してもらいましょう。

よほどのことが無い限り、抗生剤と塗り薬で治ります。本格的にこじらせてしまうと、膿が溜まって痛みも出てくるので、切開することにもなりかねません。とにかく、早めのケアが重要です。

セルフ脱毛だけでなく、クリニックのレーザー脱毛でも、毛嚢炎になってしまう可能性はあります。

ただ、クリニックには医師がいるので、すぐに対処してくれます。こういう時に、医療機関であることは安心につながりますので、元々肌が弱く、脱毛に不安がある場合には、セルフやサロンは避け、なるべくクリニックでの脱毛を選びましょう。

最後に・・・

617900368ad5628a7790284e9a3ca221_s

脱毛にありがちな、毛嚢炎。

とはいえ、やっぱり、なるべく無縁でいたいものです。

まず、脱毛は、ムダ毛を無くすと同時に、肌に相当の負担をかけているということを、十分に理解しましょう。その上で、施術前の肌への準備や、アフターケアを丁寧にしていけば、特に問題はありません。

とにかく、無理せず、お肌を大切にしてあげましょうね。