最終更新日:2015年08月27日

脱毛は痛いです。痛みを軽減する方法とは?

ポイント②
脱毛したい…でも痛いのコワイ…分かります。確かに心配ですよね。だって、レーザー照射って、そもそも単語がコワイ…。

そんなあなたにも、ちゃんとツルピカ肌になってもらえるように、ここでは脱毛機関が行っている痛みへの対策や、脱毛と痛みの関係についてまとめてみました。

脱毛と痛みの関係

そもそも、どうして痛みが生じるのかを確認してみましょう。

レーザーや光は、毛に含まれるメラニンに反応します。この時に、ゴムでバシッとはじいたような刺激や、ピリッとした熱さを感じることがあります。

光脱毛

光脱毛は、照射範囲が広く、しかもパワーが抑えめなので、痛みはあまり強くありません。しかし、その分脱毛の効果は弱いため、光脱毛では永久脱毛を行う事ができません。

医療脱毛

レーザー脱毛は、毛根にある毛母細胞を破壊できるほどのパワーがあるため、どうしても光より痛みが強く感じられます。ただ、その効果は永久脱毛といわれるほどなので、1サイクル我慢できれば、もう脱毛とはサヨナラできるというメリットがあります。

針脱毛

一昔前までは脱毛といえば、針(ニードル)脱毛でしたが、これは一番痛いと評判(?)の脱毛方法。毛穴に電気針を刺すので、これはもう我慢というより修行のような痛さなので、ここから脱毛イコール痛い、というイメージが定着したともいえます。

今ではほとんどのクリニックで医療レーザー脱毛が行われており、大幅に痛みの軽減が行われております。

ブラジリアンワックス

話題のブラジリアンワックスは、患部にワックスを塗って、乾いたらベリッと一気にはがすので、その瞬間の痛みは想像つきますよね。ただ、一瞬の痛さで終了するので、これなら耐えられるという人も多いようです。

しかし、脱毛の効果に関しましては、毛を無理やり引き抜いている方法なので、光脱毛や医療脱毛に比べればあまりよいとはいえません。

また、個人差はありますが、施術する場所によっても、感じる痛みはかなり違います。

ワキや脚・腕は、皆さんかなり我慢できるようですが、顔やVIOラインは、敏感なエリアなので結構痛いという声が多い場所です。脱毛する部分によって、対策をしてみるのもよいでしょう。

いずれにしても、キレイになりたい女子にとって、痛みは乗り越えるべき壁、と言ったところでしょうか。

痛みの軽減方法は?

レーザーや光脱毛器には、冷却装置がついているものがあります。肌を冷やしながら施術をしていくので、例えば、氷を触り続けると感覚が麻痺するのと同じ肌状態で、施術を受けることになります。

冷却装置以外にも、冷却ジェルを塗ってから施術したり、施術のたびに冷やしタオルを患部に当てて休ませたりと、方法は色々ですが、冷やして麻痺させることに変わりはありません。

最新機種であれば、照射範囲が広いので、施術時間もかなり短縮されています。痛みを感じる時間そのものが、短くなっているので、痛み対策そのものも進化しているといえるでしょう。

ブラジリアンワックスでも、患部からワックスを剥がしたら、すぐに冷やす方法が一般的です。
個人差があるので、これがベストとは言えませんが、通常はいずれの脱毛方法も、この冷却で我慢できる程度の痛みとされています。

医療脱毛の場合、我慢できない痛みの場合には、麻酔を行ないます。カウンセリングの時点で、痛みに弱いとあらかじめ申告しておけば、準備してもらえます。追加料金は施設によって異なりますが1,000~4,000円程度でしょうか。

麻酔にはクリームか吸入(笑気麻酔)を使用します。

クリームは、施術の30分くらい前に塗らないと効果が現れないので、早めに用意が必要です。吸入が苦手という人でも、アレルギーさえなければ、問題なく使用できます。

笑気麻酔は、鼻からガスを吸入しますが、手術で使用されるような大げさなものではなく、濃度や体調を見ながら吸入していくので、身体への不安を心配するほどではありません。

ただこれは、医療機関である、クリニックでしか行うことができません。痛みが怖い、痛みに弱い、と気になる人は、最初からクリニックで医療レーザー脱毛を選んだ方がよいですね。

痛くない脱毛はないの?

脱毛クリームであれば、痛みはありません。肌が敏感な人は、塗った時にヒリヒリ感じることもあるかもしれませんが、痛みがはしる!というほどではないでしょう。

レーザーのように毛根を直接処理するのではなく、タンパク質を溶かして毛穴からスルッと抜け落ちる仕組みなので、肌表面への負担がないとはいえませんが、痛みは感じずにすみます。

どうしても痛みが怖くて、脱毛に踏み切れないという人は、自宅で脱毛クリームを使用するのがよいでしょう。ただし、永久脱毛ではないので、カミソリ脱毛よりはインターバルがありますが、定期的な脱毛が必要です。

もちろん、お肌のアフターケアもしっかり行うこと。特に肌表面が乾燥して、ガサガサになってしまうことがあるので、保湿はしっかりしましょう。

また、クリームで脱毛しきれなかった毛を、毛抜きで無理やり抜くと、埋没毛の原因になるので、注意しましょう。しかも、毛抜きは相当痛いですからね。使用するときは、患部を温めて、毛穴を開かせてから、毛の向きに逆らわないように抜きましょう。

みなさんが耳にする噂よりも、脱毛の痛みは軽減されています。

脱毛機関の痛み対策について、色々まとめてみました。
少しは、あなたのコワイ…が軽減されたでしょうか。もちろん、完全無痛は難しいのですが、クリニックでもサロンでも、痛みの軽減には力を入れてくれています。

ツルピカ肌を手に入れるために、ほんの少しだけの我慢もアリでしょう。
キレイの代償、というほど大げさなものではありません。迷っているならGO!ですよ。

>>>脱毛を選ぶポイント③「お得なキャンペーンを見極めるポイント
>>>脱毛を選ぶポイント①「見落としたら損をする保証内容とは?」7

おすすめクリニック
>>>渋谷セントラルクリニック ダイエット・副腎疲労・アンチエイジング